身長が遺伝で決まるはウソ!?

必ずしも遺伝で身長が決まるわけではない!?

身長が低い親が気になるのが、子供に自分の身長が遺伝してしまわないかということでしょう。

 

でも、安心してください。

 

親の身長が遺伝する確率はたったの20%程度です。

 

つまり残りの8割は食事・睡眠・運動などの日常生活で決まるということです。

 

実際に、だいたいの子供が親の身長を超えていきます。

 

なかには20センチ以上も親より大きくなったという子供もいるぐらいなのです。

 

今からでも決して遅くありません!
「自分の身長が低くて、子供が大きくなるか心配。」

 

そんな方は、とにかく身長を伸ばすことを考えた生活を送れるように精一杯サポートしてあげてください。

 

運動に関しては、スポーツが好きになるように、睡眠はゲームなどはほどほどで切り上げるようしっかりと親が監督し、子供の睡眠時間をしっかり管理しましょう。

 

そして、一番気を付けなければいけないのは食事です。

 

最近は、不況の影響からか共働きの家が多くなってきました。

 

共働きであると、どうしても両親が帰ってくるのが遅くなるし、帰ってきてから栄養バランスを考えた食事を一から作るのは大変です。
どうしても外食や市販の食べ物になってくるでしょう。

 

しかし、子供のためを考えればきっとした食事を食べさせてあげることが重要です。

 

身長だけでなく健康面にも影響してしまうでしょう。

 

それでもどうしても難しいという場合は、足りない分は栄養ドリンクやサプリなどで補ってもいいかと思います。

 

食事面などしっかりと気を付けたうえで、親御さん、子供どちらも身長が低くて悩んでいう方へ、オススメの身長アップ方法があります。

 

下のページで詳しく解説しているのでご覧ください。

 

 

遺伝に関わらず身長を5センチ伸ばす方法はコチラ