身長を伸ばすのに良くないストレス

意外と知らない身長とストレスの関係

景気が悪く先行きが不透明な経済状況で、仕事に関するトラベルは増えています。
残業代の未払いや長時間労働。そんな中で働く人の中にはなかなかストレスを溜めてしまい、そのストレスが発散できずにいるという方も多いのではないでしょうか。
このストレスを溜めすぎると体には当然いい影響を与えません。

 

身長が低くて悩んでいる方にとっては、さらに身長が伸びにくい体になってしまうのです。

 

ストレスが及ぼす体への影響はかなり大きいです。

 

そのうちの1つにストレスが影響して引き起こされる成長ホルモンの減少があげられます。

 

ストレスにより精神状態が悪くなってしまいそれがこういったことにつながるのです。

 

ここで減少してしまう成長ホルモンは、骨を大きくし身長を伸ばすのに大事なホルモンです。

 

つまり、この成長ホルモンが少なくなるということはその分だけ、背が伸びにくくなることを意味するのです。

 

これだけではありません。
ストレスは食事にも影響します。

 

ストレスが食欲を妨害し、しっかりとした食事が取れなくなるのです。

 

最初にいった身長を伸ばすのに重要である、栄養に優れたバランスのいい食事がとれないということになります。

 

ここまででお分かりの通り、ストレスは食欲や成長ホルモンと言った体の重要な役割を妨害します。

 

身長を伸ばしたいからといってストレス解消に励むのではそれがかえってストレスを感じてしまい、本末転倒です。

 

それであれば、身長よりも体のためにと思って無理のないストレス解消法を探していきましょう。

 

身長を伸ばす方法であれば、ストレスや年齢に関係なく身長を伸ばす方法が存在します。

 

気になる方は下記を読んでみてください。

 

 

自宅で1日10分!5センチ伸ばす驚きの身長アップ方法はコチラ